事務所代表
公認会計士・税理士 赤塚孝江

世界4大会計事務所等において20年以上の国際税務実務経験を有し、国内及び海外の企業や個人に幅広い国際税務サービスを提供しています。
特定の分野に偏らず、国際税務、移転価格対応からM&A・グループ再編まで、分野横断的・一体的な助言が可能です。

日本公認会計士協会 租税調査会 副委員長
日本公認会計士協会 国際租税専門委員会 委員長
国際租税協会 (International Fiscal Association, IFA)会員
A member of the Tax Directors’ Group at Global Accounting Alliance (GAA)

略歴

一橋大学経済学部卒業。
公認会計士試験合格後、2000年にプライスウォーターハウスクーパース税務事務所(現:PwC税理士法人)入所。日本企業及び外国企業の国際税務コンサルティング、M&A・組織再編に係る税務コンサルティング、移転価格コンサルティング等に従事。

その後、金融機関やコンサルティング会社で上場企業のコーポレートファイナンスやM&Aアドバイザリー業務に携わった後、移転価格及び国際税務に特化した税理士法人にて、日本企業や外国企業の様々な国際税務及び移転価格コンサルティング業務や、海外投資・資産運用や海外移住に係る税務コンサルティング等に従事した後、プレミア国際税務事務所を設立。

そのユニークな経歴から、一つの分野に偏らずに、国際税務、移転価格、さらにM&Aやグループ再編、国際投資まで、分野横断的なサービスを一体的に提供している。

日本公認会計士協会において、租税調査会 副委員長、国際租税専門委員会 委員長、租税政策検討専門委員会・国際税務グループ長などを歴任。

 

加盟団体・役職

日本公認会計士協会 租税調査会 副委員長
日本公認会計士協会 租税調査会 国際租税専門委員会 委員長
International Fiscal Association(IFA、国際租税協会)会員
Global Accounting Alliance (GAA) Tax Directors Groupメンバー

 

専門分野

■ 日本の租税法令に基づく国際税務全般(法人税、所得税、消費税、相続・贈与税)

外国子会社合算税制、外国税額控除、租税条約、国際取引に係る源泉課税、クロスボーダーM&A・組織再編、過大支払利子税制・過小資本税制、非居住者・外国人の税務、等々

■ 移転価格税制

移転価格ポリシー策定、移転価格文書化、移転価格調査対応、
移転価格に関する事前確認(APA)・相互協議(MAP)

■ M&A・組織再編税務

合併・会社分割・株式交換・移転・現物出資等の企業再編の税務、
株式譲渡取引の税務、事業譲渡取引の税務

 

執筆・講演実績

税務専門誌への寄稿、専門書の執筆、国際税務に関する講演等を多数実施。 

 

国際会議等

International Fiscal Association(IFA)の会員として、世界各国で開かれる国際税務に関する年次総会に定期的に参加。

所長・赤塚孝江は、世界11カ国の公認会計士協会が組成する国際組織である Global Accounting Alliance (GAA) において、国際租税のワーキンググループであるTax Directors’ Groupのメンバーとして活動しており、世界各国で開催される会合に定期的に参加しております。

各会合の報告は、日本公認会計士協会機関紙である会計監査ジャーナルに掲載されています。

2018年11月:ブリュッセル会合
2019年4月:香港・北京会合
2019年11月:オークランド・ウエリントン会合

2019年香港会合にて